MENU

vitoxの副作用について

vitoxやリザベリン、ゼナフィリン、ゼナフィリンなんかは成分数が多いです。
そのうちvitoxやリザベリン、ゼナフィリンは成分数が100種類以上でかなり多いです。
僕自身が一番試す時に心配してたのが副作用です。
もし、飲んだ時に副作用が起きたらどうしよう・・・成分的にやばいのはいってたらどうしよう・・・っていうのがリアルな感想でした。
では、ここではヴィトックスα extra editionの成分・副作用について紹介していきます。

 

まず、ヴィトックスα extra editionもリザベリンと同様に大きく分けて3つの成分からできています。
植物系の自然成分と動物系の自然成分、アミノ酸系の3つです。
植物系と動物系は自然成分なので副作用の心配はいりません。
心配なのは、これまで聞いたこともないような名前のアミノ酸系です。
みなさんはリジンとかバリン、アルギニン、シトルリンなんて成分を聞いたことがありますか?
いくつか、どのような成分なのかを紹介していきます。

 

【アルギニン】
成長期にその合成能力が足りないため小児で必須アミノ酸となっています。アルギニンは、成長ホルモン、インスリンやグルカゴンの分泌促進に関わります。
【働き】一酸化窒素の前駆体
成長ホルモン、インスリン、グルカゴンの分泌に関与

 

 

【イソロイシン】
イソロイシンはタンパク質、特に筋肉をつくるのに大切な必須アミノ酸です。バリン、ロイシンと ともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。ヘモグロビンを形成するのに必要なアミノ酸です。
【働き】成長促進
神経機能補助
血管拡張
肝機能向上

 

【ロイシン】
ロイシンは子どもの成長や大人の筋肉維持に必要な必須アミノ酸です。バリン、イソロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。ロイシンはタンパク質の生成・分解を調整することによって、筋肉の維持に働きます。
【働き】肝機能向上
肝細胞の増殖・分化の正常化
血糖コントロール
タンパク質生合成の促進
筋タンパク質の維持
筋肉グリコーゲン合成・酵素活性の促進

 

【リジン(リシン)】
リジンは小麦や米など穀類に少ない必須アミノ酸です。リジンはまた、脂肪をエネルギーに変えるのに必要なカルニチンという物質の材料になります。

 

【チロシン】
フェニルアラニンからつくられる非必須アミノ酸です。ドーパミン、ノルアドレナリン、甲状腺ホルモンなどの原料になります。非必須アミノ酸ですが、チロシンを直接摂ることは必須アミノ酸であるフェニルアラニンの節約になります。

 

【アスパラギン】
世界で最初に発見された非必須アミノ酸です。アスパラギンの一部は水と仲のいい部分を持っていて(極性がある)、タンパク質の表面にあって水や他の極性のあるアミノ酸とくっつく性質があります。

 

ほかにもたくさんのアミノ酸が含まれていますが、副作用の心配はいりません。体を支えてくれる成分ですので、飲み過ぎない限りは体に害をあたえることはありません。

 

ヴィトックスα extra edition